初心者の株式投資 ジュニアNISA 上手な使い方

子育て

NISA・積み立てNISAの他にジュニアNISAと言うものがあるのをご存知でしょうか?

ジュニアNISAとは?

ジュニアNISAとは、簡単に言うと子供用のNISA口座だと思ってください。

まず、開設には親の身分証明や、世帯を証明する住民票などが必要です。

ジュニアNISAではもちろんNISAなどと同じ様に運用益が非課税になります。ジュニアNISAでは年間80万円までです。

1番の違いとしてはお子さんが18歳まで受け取りができないと言うことです。

実はジュニアNISAは廃止が決まっている!?

実はジュニアNISAは2023年末で廃止が決定しています。もともと大学進学のために高校卒業の18歳まで制限を設け、進学資金のために作られた制度でしたがその制限のことも関係してか利用者が少なく、廃止が決まりました。

じゃあ、廃止になったらジュニアNISAはどうなるの??

1.積み立てている商品を継続して持つことができる

積み立てした商品を継続して持つことは可能です。ただ、新たな買い付けはできないです

2.廃止になった2024年1月からは18歳まで引き出すことができないという縛りがなくなる

2024年の1月からは最大のデメリットだった18歳まで引き出せないという制約がなくなり非課税で引き出すことが可能になります

廃止が決まった今どう使うのがいい?

制度の廃止が決まった今、どういった活用法が考えられるかと言うと

1.年間80万円という大きな金額を利用して個別株の売買をする

これは割と上級者向けかもしれません。非課税の投資枠は積み立てNISAで40万円。NISAで120万円までですから、これに80万円が加わるのはアクティブに投資をする人にとっては非常に助かるはずです。ですが初心者にはお勧めできません

2.投資信託のインデックス投資をする

インデックス投資は年間の利回りはそんなに高くないです。なので現在2020年から2023年までの3年間では運用益がそんなに期待できないかもしれません。

3.海外ETFを買う

ETFは市場で取引ができる投資信託のことです。言ってみれば市場が空いている間その金額が変動していて、売り買いができると言うことです。投資信託の場合はその1日1日で基準価格が決まっています。

私はどうするか?

私も先日やっと息子のジュニアNISAを開設して取引ができる様になったのですが楽天証券ではまさかの日本株と投資信託しか購入できませんでした。。。

なんなら米国の個別株とかも買えると思っていた。

元々は子供のお祝い金などいただいたお金をずっと銀行に眠らせておくのもあまり利口ではないなと思って始めようと思いました。使うこともないので。

現在市場はワクチンの承認と足元のコロナの急増で先行きがとても不透明な状態なので個別株を買うのはわりとリスクが高いです。なのでワクチン承認後に期待できるバリュー株(今までコロナかで売られていた割安株)を含んだETFや、これからコロナ後に上昇が期待できる新興国(韓国やインド、メキシコなど)を含んだETFもしくは投資信託を短期的に購入する方がいいかもしれません。

今のマーケットの状況については後ほど記事にします。

当初の予定では、個別株のリスクの低めの株を購入する予定でしたが。買えないとなった今は投資信託のインデックスを購入するか、もしくはSBI証券に切り替えてETFを購入するか悩んでいるところです。

SBI証券では日本株や投資信託のほか、米国ETFなども購入できる様です

SBI証券

まとめ

今回のまとめはジュニアNISAの制度が廃止されるにあたって、短期的に非課税で取引できる口座が増えたということでいいでしょう。

長期的に投資するのであればS&P500のインデックスを買えば良いのですが、ジュニアNISA廃止までの3年間は正直コロナ後にどうなるかがまだ不透明ですので中・短期的に売買する方がいいかもしれません

具体的には新興国のインデックスVTIなどのアメリカ全体に投資する様なETFを購入するのがいいかもしれません

ジュニアNISAを開くならSBI証券がいいと思いますよ。と言うこともつけ加えておきます。笑

あとは自分で決めて運用してみてくださいね

コメント