主夫初心者の株式投資 子育て世代の子供と自分の資金対策 投資信託

子育て

今回は前回の記事で述べた子育て世代で子供が大学に入るために必要な500万円あまりをどのようにして貯めて行くべきか、また老後の資金の対策などを述べさせていただきましたが、今回は投資信託に絞ってより詳しく書いていきたいと思います

投資信託とは?

前回のおさらいですが投資信託とは投資をする企業(ファンド)にお金を預け、専門の投資家が様々な株や債権などに投資をして得た利益をみんなに分配するというものですね。

メリットは自分に投資の知識がなくても投資の専門家に任せるので、ある程度のファンドであれば利益が出る。

デメリットはもちろんその企業の運用、景気の状態によってはマイナスになる。

プロに任せるため手数料を数%とられてしまう

投資信託はどうすれば始められる?

投資信託は地方銀行や信用金庫、ネット証券会社など様々なところで始めることができます。

ここで『地方銀行でもはじめられるんだ、じゃあ銀行で申し込んでみよう。』と思った方、残念ながらあなたは損をすることになります。なぜかと言うと銀行や郵便局など窓口があるものは人がたくさんいて相手をしてくださいますよね?その大人数の人件費を支払うため、投資信託などの手数料が高いのです!

始めるなら断然ネット証券です!ネット証券は案内人がいないので少々不安かもしれませんがその分人件費はかかっていません。それにいらない金融商品のお話を聞かずに済むのです。

少ないお金で投資信託を考えているのであれば積み立てNISAの口座にすることをお勧めします。積み立てNISAとは小額の投資に対する(利益)に税金がかからないというお得な制度なのです!

おすすめネット証券会社3選

楽天証券

まず、私が利用している楽天証券です。楽天証券は言わずと知れたECサイト楽天が運営している証券サイトで口座開設手数料無料で、なんといっても楽天ポイントで投資ができることが最大のメリットです!

ポイントの使い道に困っている方にはうってつけですね

他にも月に500円以上積み立てをしていて楽天ポイントを使用した投資をしていれば楽天市場での買い物でポイント還元率が1%アップする特典もあるので日常の買い物でもさらにポイントを貯めながらお得に買い物をすることができるようになります。

もう1つお得な点があり、クレジットカードの楽天カードから積み立てができます。そのうち50,000円以内であれば、カード利用分に対し1%ポイントが付与されます!

ポイントを貯めつつ、ポイント付与率が優遇され、ポイントで投資もできると言ういいことづくめな訳です!

しかも今なら新規入会と利用で5000ポイントももらえます!

SBI証券

SBI証券は150種類以上の投資信託があり、選択肢の幅が広いです。毎日積み立てをすることができて、100円からでも小額で積み立てできるので余ったお金でコツコツ積み立てをすると言うのもいいかもしれません

SBI証券は投資信託によってTポイントを貯めることができ、Tポイントで投資をすることができますYahooカードやPayPayなどを使用している方であればSBI証券で投資をするのがいいかもしれません。

外国株なども豊富に取り扱いがあるので投資信託だけでなく自分で株取引もしたいと言う方にはおすすめです

インターネットのランキングでも1位はSBIという結果が多いです。513万人ものユーザーが利用しています

マネックス証券

マネックス証券では個別株の取り扱いが非常に豊富で、個別株などを買う際にはマネックス証券はいいかもしれません。注文時に逆指値(損をしないラインをあらかじめ設定しておいてその金額を下回れば約定する)などを設定できたりと他の証券会社にはない特性があります

口座開設も非常に簡単で、最短で翌日から取引ができるみたいです。手続きもほとんどネットでできるので非常にスムーズに口座開設することができました。

まとめ

投資信託を始める際に必要な口座について説明しましたがまとめると

楽天証券以外にもSBI証券、マネックス証券などネット証券にも沢山ありますが上位を占めるのはこの3つの証券会社

この3つの会社は1日定額制というものを提供していて、1日の取引合計額が50万円以下であれば手数料が無料で取引できると言う点でオススメです

買える会社の株も証券会社によって少々異なりますが特徴としては松井証券では外国株や、債権などは取り扱いがありません。

外国株や債権を購入したいと考えているのなら楽天証券かSBI証券ですね

今現在コロナウイルスの影響で世界経済が大幅に下向いています。ですから今が始め時です!投資信託とは長い期間一定額投資をすることによって株価の上下をうめてリスクを少なくして行くものですが今、株価が大幅に下がっているため今始めることによって以前までに始めていた人よりもだいぶ利益をあげることができる可能性があります!

上の様にタイミングについて書きましたが実際は継続して淡々と積み立てをしていくことが大切です。

スポンサーリンク
子育て 資産形成
スポンサーリンク
服とジーンズと米国株投資ときどきDIY

コメント