子育て世代の子供と自分の資金対策 NISAってなに?

子育て

子育て世代のみなさん。今回は前回お話しした投資信託においてNISAという物を紹介しましたがNISAとは一体なんなの?という方のために今回NISAとはなんなのか?どのようなメリットがありどうやってはじめるのか?ということについて紹介していきます

NISAとは?

NISAは小額投資非課税制度という物で簡単にいうと株を買うときにこの特定の口座から購入すると税金取りませんよ〜。という物です!

普通の口座から取引をしていますと、株取引で得た配当や株を売って出た利益に対して20%の税金が課税されます。例えば100万円の利益が出た場合、20万円は税金として納めなければならないところをNISA口座で取引することで100万円そのまま利益獲得できるというわけです!使わない手はありませんね!

NISAにも二種類あってNISAと積み立てNISAがあります。

NISAと積み立てNISA

NISAと積み立てNISAの違いは非課税枠の金額の違いと、非課税年数の違いがあります

まずNISAの非課税年数は5年であり、非課税枠は120万円までです。

NISAのメリットとしては投資対象となる商品の多さです。一般的な上場企業やETF(上場投資信託)など様々なものに投資することが可能です

次に積み立てNISAの場合非課税年数は20年となっており、NISAの4倍となっていますが非課税枠は年間40万円までです。

積み立てNISAでは、積立投資を前提として金融庁が定めたガイドラインに合致したもののみが対象となります。インデックスファンド、アクティブファンドの一部、ETFなどが対象です。

積み立てNISAは主に長期で投資信託で積み立てをしていきたい方向け

NISAは自分でいろいろな会社に投資してみたい方向けといった感じですね

非課税期間が終わったら?

前述の通りNISAは5年、積み立てNISAは20年の非課税期間がありますがこの非課税期間が終わるとどうなるのか?

まずは積み立てNISAについてなのですが、積み立てNISAで20年がたつとそれまでに運用して得た利益と積立額は課税されることなく一般かもしくは特定口座(NISA以外の口座)にうつされます

ではNISAの場合は5年後どうなるかというと、株を売却して利益を獲得するか、ロールオーバーと言って

選択肢の一つが、非課税期間が終了する翌年の非課税投資枠に移管(ロールオーバー)することだ。例えば、2014年にNISAで購入して保有し続けた株式等の非課税期間は2018年末に終了する。同一金融機関で2019年もNISAを利用する場合、2019年の非課税投資枠に2014年にNISAで購入した株式等を移管(ロールオーバー)することができる。

2019年の非課税投資枠に移管した株式等の非課税期間は2019年に新たにNISAで購入したものと同様に扱われるため、実質的に非課税期間を5年間延長することになる。なお、2014年に購入した株式等の評価額が、非課税投資枠の120万円を超えるとしてもロールオーバーは可能である。

NISA制度のイメージnisa, ロールオーバー, 課税口座(画像=ZUU online編集部)

ロールオーバーは非課税期間が実質的に延長できる便利な仕組みだが、注意点もある。まず、同一金融機関でしかロールオーバーできない。また、非課税期間終了の翌年の非課税投資枠にロールオーバーをした場合、ロールオーバーした評価額分が非課税投資枠を使ったことになり、その分新規に投資できる額が少なくなる。ロールオーバーした評価額が120万円以上の場合、非課税投資枠を全て使い切ることになり、その年はNISAで新規投資はできなくなる。

さらに、NISAは恒久的な制度ではないため、ロールオーバーが永遠にできるわけではない。現状ではNISA制度は2014年から2023年まで非課税投資枠を設定可能とされている。2014年に購入した株式等を2019年の非課税投資枠にロールオーバーしても、2024年には非課税投資枠は存在しないため再度ロールオーバーを行うことはできない。

https://zuuonline.com/archives/183960#-5-

つまり翌年の120万円の枠を使用して株を持ち続けることができるということですね!

NISAっていいことだらけ?デメリットは?

NISA口座は非常にいい制度でメリットは多いですがそんなNISA口座にもデメリットが存在します。

損失が発生しても損益通算ができない点もデメリットだ。NISAで株式等を売買して利益が発生しても非課税となるが、損失が発生してもその損失は税計算上ないものとみなされるためだ。

例えば、NISAではない課税口座で、同一年内にC株式の売買で50万円の利益が発生し、D株式の売買で50万円の損失が発生していたとする。このケースでは、利益と損失を相殺する損益通算が可能であり、税金は発生しない。仮にC株式の利益に対して税金が源泉徴収されている場合でも、確定申告をすることにより取り戻すことができる。

一方、同じ売買でもC株式が課税口座でありD株式がNISA口座であった場合、D株式の損失は損益通算に利用できず、C株式の売買による50万円の利益に対する税金約10万円を納める必要がある。NISAの利用により税負担が増えてしまったケースとなる。

また、NISAで発生した損失は、翌年に損失を繰越して翌年の利益と相殺する「損失の繰越控除」も利用することはできない。

https://zuuonline.com/archives/183960#02

つまり他の一般口座であれば損した分を税額から控除することができるのですがNISA口座で損をした場合その控除が使えないということになります。

NISA口座で損益を出すと損失が普通の口座よりも大きいということになりますね。

ですが積み立てNISAなどの投資信託は非常に安全な商品ばかりなのであまり大きな損がでることは少ないと思います。

まとめ

今回はNISAと積み立てNISAについて説明していきましたがまとめるとNISAは5年で年間120万円、積み立てNISAは20年で年間40万円の税金を取られない株取引ができ、自分で銘柄を選んで投資をしたい方はNISA投資信託でお任せで資金を長く運用したい方は積み立てNISAをお勧めします。

現在はコロナウイルスの影響で株価が乱高下していますがコロナショック以前に積み立てをしていた方は結構な損をしている方も多いかと思いますが今から始められる方は結構な利益を出すことができるようになると思いますので是非NISAまたは積み立てNISAを利用して資産運用してみてください!

動画のタイトルなど
スポンサーリンク
子育て 資産形成
スポンサーリンク
服とジーンズと米国株投資ときどきDIY

コメント